レーザーで出来るニキビ跡治療のメリット・デメリット

標準

ニキビの症状が治まったあとの皮膚にはニキビ跡が残ることがあり、
原因や症状によって治療方法も異なります。
また、治療方法にはメリットとデメリットがそれぞれありますので
症状別にみていきましょう。違う部分

まず、にきびの跡がでこぼこしたクレーター状になることがあります。
これはニキビの症状が重かった場合におこる症状です。

ニキビ跡は自然に治ることはありませんから皮膚科での
ニキビ跡治療を行う必要があり、ニキビ跡の状態に応じた
レーザー治療が行われるので効果的です。

病院で行われるニキビ跡治療は、ニキビ跡の原因となっている
組織部分を破壊して新しい組織の生成を促します。

まず、レーザー光線による治療のメリットとして新しい細胞が
生成されて新しい肌へと生まれ変わることができで
こぼこした肌が改善されます。冷や汗のような

デメリットとしては1回の照射で1週間程度のダウンタイムが
必要になることと、通院も複数回必要になることです。
また自由診療なので治療費は自己負担になります。

この他には炭酸ガスや冷却ガス、赤外線レーザー等を
用いた方法があります。

ニキビ跡治療を行う場合は、ニキビ治療に詳しい医師に
相談してから受けるようにしましょう。

薬局の薬でできるニキビ跡治療

標準

ニキビは、多くの方が悩んでいる肌トラブルです。
たとえ、ニキビをきちんと治療したとしても、さらにニキビ跡が
肌に残って悩んでいる方は多くいます。間から見て
なぜニキビ跡ができるかというと、肌の細胞が
炎症で強いダメージを受けるからです。

そもそもニキビは、肌にアクネ菌が炎症を起こすことで発生します。
この炎症が皮膚の奥にある真皮や皮下組織にまで及ぶと、
大きなダメージになります。

そのため、皮膚自体が大きく陥没して跡として残ってしまうのです。
このようなニキビ跡治療として、薬局で販売されている
「トレチノイン」という塗り薬が有効だといわれています。

このトレチノインには、皮膚の再生を促す効果があります。
そのため、ダメージを受けた皮膚細胞がスムーズに代謝されて、
綺麗な肌に早く生まれ変わります。ご褒美に

このニキビ跡治療法は、お風呂に入って清潔にした状態の肌に
薬を塗布することが大事です。
毎日、こまめに続けることで、効果を得ることができます。