レーザーで出来るニキビ跡治療のメリット・デメリット

標準

ニキビの症状が治まったあとの皮膚にはニキビ跡が残ることがあり、
原因や症状によって治療方法も異なります。
また、治療方法にはメリットとデメリットがそれぞれありますので
症状別にみていきましょう。違う部分

まず、にきびの跡がでこぼこしたクレーター状になることがあります。
これはニキビの症状が重かった場合におこる症状です。

ニキビ跡は自然に治ることはありませんから皮膚科での
ニキビ跡治療を行う必要があり、ニキビ跡の状態に応じた
レーザー治療が行われるので効果的です。

病院で行われるニキビ跡治療は、ニキビ跡の原因となっている
組織部分を破壊して新しい組織の生成を促します。

まず、レーザー光線による治療のメリットとして新しい細胞が
生成されて新しい肌へと生まれ変わることができで
こぼこした肌が改善されます。冷や汗のような

デメリットとしては1回の照射で1週間程度のダウンタイムが
必要になることと、通院も複数回必要になることです。
また自由診療なので治療費は自己負担になります。

この他には炭酸ガスや冷却ガス、赤外線レーザー等を
用いた方法があります。

ニキビ跡治療を行う場合は、ニキビ治療に詳しい医師に
相談してから受けるようにしましょう。

レーザーでのニキビ跡治療~改善までの期間は?~

標準

毛穴の内部でニキビ菌が活性化すると炎症ニキビができてしまうことがありますが、
この状態が悪化すると炎症が皮膚の深部まで及んで周辺組織を破壊してしまいます。

凹凸したニキビ跡は、炎症ニキビが悪化したことで窪みができた状態であり、
顔にこれができてしまうとかなり気になってしまうでしょう。気がかり

肌の外側にある表皮はターンオーバーによって約28日で新しくなりますが、
真皮はなかなか再生できないということです。

クレーター状のニキビ跡は肌の深部にまで及ぶトラブルであり、
肌の表面のみに作用する薬やピーリングで治すことはできません。

そのためニキビ跡をしっかり治療したいという場合、
レーザー治療を受けた方が良いでしょう。隅にまで及ぶ

レーザーなら皮膚の真皮層」まで作用するため、
気になるニキビ跡に高い効果を発揮します。

また、真皮層の傷跡を治すことはもちろん、
表面の色素沈着までを同時にすることができるため、
短期間で治療が終了するというメリットもあります。