薬局の薬でできるニキビ跡治療

標準

ニキビは、多くの方が悩んでいる肌トラブルです。
たとえ、ニキビをきちんと治療したとしても、さらにニキビ跡が
肌に残って悩んでいる方は多くいます。間から見て
なぜニキビ跡ができるかというと、肌の細胞が
炎症で強いダメージを受けるからです。

そもそもニキビは、肌にアクネ菌が炎症を起こすことで発生します。
この炎症が皮膚の奥にある真皮や皮下組織にまで及ぶと、
大きなダメージになります。

そのため、皮膚自体が大きく陥没して跡として残ってしまうのです。
このようなニキビ跡治療として、薬局で販売されている
「トレチノイン」という塗り薬が有効だといわれています。

このトレチノインには、皮膚の再生を促す効果があります。
そのため、ダメージを受けた皮膚細胞がスムーズに代謝されて、
綺麗な肌に早く生まれ変わります。ご褒美に

このニキビ跡治療法は、お風呂に入って清潔にした状態の肌に
薬を塗布することが大事です。
毎日、こまめに続けることで、効果を得ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)