背中にきびケアにオススメの化粧水の成分

標準

深部背中にきびが出来てしまう主な原因には体の中でも
皮脂腺が多い部位なので、過剰に皮脂が分泌され
毛穴がつまりやすいということが挙げられます。

また他にも皮膚に強い刺激を与えることや洗髪の際の
コンディショナーなどが背中に残ってしまっていること、
乾燥のせいで角層に厚みができているなどが
背中にきびの原因だと言われています。

そのため背中にきびを改善するためには清潔にし
炎症を鎮めて悪化を防ぐことが大切になりますので、
抗炎症作用がある成分が配合されている
化粧水を使うようにします。新しくなる

背中にきびの改善にお薦めの化粧水の成分は、
抗炎症作用があり敏感肌でも使うことができる
グリチルリチン酸2K・グリチルリチン酸ステアリルになり、
抗炎症作用に加え過剰な皮脂を抑制する効果もある
ビタミンC誘導体などもお薦めです。

また肌を柔らかくし毛穴が詰まりにくくするため乾燥を
防ぐことも大切ですので、抗炎症作用に加えて
ヒアルロン酸やコラーゲン・セラミドなどの
保湿成分が入ったものを選ぶと更に効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)