shadow

背中ニキビのケアなら口コミで

背中ニキビで悩んでいるという場合、口コミで人気の高いケア方法を行ってみると良いでしょう。手軽にできるケア方法としては、酵素入り入浴剤を使用するというものがあります。

入浴剤に含まれているパパイン酵素には、たんぱく質を分解するという働きがあるため、背中のニキビ跡を改善できるというだけでなく、古い角質層も一緒に取り除くことができるというメリットが挙げられます。

ちなみに、古い角質が自然に剥がれ落ちるターンオーバーのサイクルは一般的に28日間となっており、すぐに背中ニキビを改善することは難しくなっています。

しかし、角質を落としたいからといって、垢すりなどで物理的に摩擦を与えてしまうと、肌を傷つけてしまうことがあるので注意しましょう。

背中にきびケアにオススメの化粧水の成分

背中にきびが出来てしまう主な原因には体の中でも皮脂腺が多い部位なので、
過剰に皮脂が分泌され毛穴がつまりやすいということが挙げられます。

また他にも皮膚に強い刺激を与えることや洗髪の際のコンディショナーなどが
背中に残ってしまっていること、乾燥のせいで角層に厚みができているなどが
背中にきびの原因だと言われています。

そのため背中にきびを改善するためには清潔にし炎症を鎮めて悪化を防ぐことが
大切になりますので、抗炎症作用がある成分が配合されている化粧水を使うようにします。

背中にきびの改善にお薦めの化粧水の成分は、抗炎症作用があり敏感肌でも
使うことができるグリチルリチン酸2K・グリチルリチン酸ステアリルになり、
抗炎症作用に加え過剰な皮脂を抑制する効果もあるビタミンC誘導体などもお薦めです。

また肌を柔らかくし毛穴が詰まりにくくするため乾燥を防ぐことも大切ですので、
抗炎症作用に加えてヒアルロン酸やコラーゲン・セラミドなどの
保湿成分が入ったものを選ぶと更に効果的です。

専門医療機関のニキビ治療について

最近は、大人ニキビ専用のスキンケアコスメなども充実しており、大人になっても
ニキビに悩まされる女性たちの関心を集めているようですが、そういったものを使っても
なかなか良くならないと判断したら、すぐに専門医療機関でニキビ治療を始めましょう。

ニキビはれっきとした皮膚疾患なので、皮膚科での治療が受けられますが、
美容皮膚科であれば、保険内外のニキビ治療が受けられるので、短期間での改善が図れます。

美容系のクリニックなど専門医療機関では、患者さんのニキビの症状に応じて、内服薬や外用薬を処方することもあり、
こういった治療に関しては保険が適用してもらえるので、ドラッグストアなどで自分で買い揃えるよりも安く抑えることが出来ます。

加えて、保険外ではありますが、美容機器や医薬品を使ったニキビ治療を行ってくれるので、
今お顔の上に出来ている嫌なニキビをすぐに消したいという方には最適です。

ニキビ跡の色素沈着や肌の陥没なども、綺麗に治してくれます。

赤外線によるニキビ治療とは

ニキビがなかなか治らないと、焦ってしまったりストレスを感じがちです。

ストレスはニキビを招く要因となりますし、肌にも良くありません。
ずっと、ニキビに悩んでいるのであれば、思い切って
ニキビ治療を受けてみてはいかがでしょう。

医療機関によるニキビ治療を受ければ、ニキビの治りが早くなるだけでなく、
ニキビ跡の予防にも繋がります。

色々なニキビ治療が行われていますが、その中の1つに挙げられるのが
「赤外線治療」です。

この治療法は文字通り、赤外線を症状が出ている部分に当てる施術を行います。

赤外線を当てると、その部分の血行が促進する効果が期待できます。
血流が良くなる事によって、ニキビの修復機能がアップし治りが早まるのです。
また、ニキビのタイプによっては炎症を起こす場合もありますが、
赤みを帯びているタイプにも有効な治療法です。

殺菌作用もあるので、赤外線による治療では二キビの要因となるアクネ菌を、
減らす効果も期待できます。

ニキビ治療に重要なスキンケア

ニキビ治療をするうえで、スキンケアは重要な役割を果たします。クリニックなどでニキビ治療を受けるといっても、毎日のスキンケアをおろそかにするのはよくありません。

毎日、根気強く、継続してケアをすることが大切です。

汚れをキチンと落として清潔にすることや保湿をしっかり行うことがニキビ治療においては大切です。汚れを落とすといっても、落とし過ぎると肌にとって必要なものまで落としてしまうことになりますので、正しい洗顔やクレンジングを心がけましょう。

肌のバリア機能が低下していると乾燥の原因になりますし、刺激を受けやすく炎症を起こしやすい肌になってしまいます。

しっかりと保湿しましょう。セラミドを補うことで肌のバリア機能を強化することができますので、セラミド配合の基礎化粧品を活用するとよいです。

化粧品を選ぶときには、新しいニキビを作らないものを選ぶのも大切です。スキンケアだけでなくファンデーションなども油分が多いものを避けたりなど、ニキビを悪化させないものを選ぶようにしましょう。

パウダータイプのミネラルファンデーションなどを選ぶと、肌に刺激も少なく、油分も少なく、紫外線カットなどの効果も期待できますのでニキビ治療の邪魔になりません。

メイク道具もそのままにしておくと雑菌が繁殖しますので、適度に洗うなど清潔にするように心がけましょう。

薬局の薬でできるニキビ跡治療

ニキビは、多くの方が悩んでいる肌トラブルです。たとえ、ニキビをきちんと治療したとしても、さらにニキビ跡が肌に残って悩んでいる方は多くいます。
なぜニキビ跡ができるかというと、肌の細胞が炎症で強いダメージを受けるからです。

そもそもニキビは、肌にアクネ菌が炎症を起こすことで発生します。この炎症が皮膚の奥にある真皮や皮下組織にまで及ぶと、大きなダメージになります。

そのため、皮膚自体が大きく陥没して跡として残ってしまうのです。
このようなニキビ跡治療として、薬局で販売されている「トレチノイン」という塗り薬が有効だといわれています。

このトレチノインには、皮膚の再生を促す効果があります。そのため、ダメージを受けた皮膚細胞がスムーズに代謝されて、綺麗な肌に早く生まれ変わります。

このニキビ跡治療法は、お風呂に入って清潔にした状態の肌に薬を塗布することが大事です。
毎日、こまめに続けることで、効果を得ることができます。

レーザーで出来るニキビ跡治療のメリット・デメリット

ニキビの症状が治まったあとの皮膚にはニキビ跡が残ることがあり、原因や症状によって治療方法も異なります。
また、治療方法にはメリットとデメリットがそれぞれありますので症状別にみていきましょう。

まず、にきびの跡がでこぼこしたクレーター状になることがあります。これはニキビの症状が重かった場合におこる症状です。

ニキビ跡は自然に治ることはありませんから皮膚科でのニキビ跡治療を行う必要があり、ニキビ跡の状態に応じたレーザー治療が行われるので効果的です。

病院で行われるニキビ跡治療は、ニキビ跡の原因となっている組織部分を破壊して新しい組織の生成を促します。

まず、レーザー光線による治療のメリットとして新しい細胞が生成されて新しい肌へと生まれ変わることができでこぼこした肌が改善されます。

デメリットとしては1回の照射で1週間程度のダウンタイムが必要になることと通院も複数回必要になることです。
また自由診療なので治療費は自己負担になります。

この他には炭酸ガスや冷却ガス、赤外線レーザー等を用いた方法があります。

ニキビ跡治療を行う場合は、ニキビ治療に詳しい医師に相談してから受けるようにしましょう。

仙台のニキビの治療法について

仙台でニキビの治療を受けたいという場合、専門の医療機関に通ってみると良いでしょう。

「仙台 ニキビ 医療機関」などといったキーワードで検索すれば、仙台にあるさまざまな医療機関の情報が見つかります。

ニキビを改善するためには日常的なスキンケアも大切なのですが、広範囲に炎症を起こしている場合などは早めに皮膚科を受診するのがオススメです。

医療機関によってさまざまな治療法を取り扱っているため、ニキビの状態に合わせて選んでいくことが大切です。

皮膚科の治療には外用薬による治療と外用薬を用いない治療があり、外用薬としては抗生物質や漢方などが使用されることが多く、外用薬以外ではホルモン治療やケミカルピーリングなどが一般的です。